受講生ルーム規約について
■工学研究社受講生ルーム規約
本規約は、会員(第2条において定義されます)と株式会社工学研究社(以下「当社」といいます)との間の、 当社が提供するインターネット・サービス(以下「工学研究社受講生ルーム」といいます。)の利用に係わる一切の関係に適用します。
●第1条(本規約の範囲および変更)
工学研究社受講生ルームのオンラインまたは「学習のしおり」など当社が提供する手段を通じ、 随時会員に対して発表される諸規定は、本規約の一部を構成し、 会員はこれを承諾したうえで工学研究社受講生ルームを利用するものとします。 また、当社は、本規約を事前の通知なしに変更することがあり、 本規約の変更後に工学研究社受講生ルームの利用があった場合には、会員はこの変更を承諾したものとします。 この変更は当社が提供する手段を通じて随時会員に告知します。
●第2条(会員)
「会員」とは、当社通信教育講座(提携講座を除く)を受講し、工学研究社受講生ルームの登録手続きを経て、 本規約を承諾した者をいい、工学研究社は、IDとパスワードを発行します。 会員期間は、工学研究社受講生ルームの最終利用から5年間です。
●第3条(IDおよびパスワードの管理責任)
1.会員は、IDまたはパスワードを他の会員または第三者に譲渡もしくは利用させたりすることはできません。
2.会員は、本規約にもとづき付与されたID・パスワードを自ら責任で管理、使用ものとします。 会員は、当該ID・パスワードによる工学研究社受講生ルームの利用に関しては、会員自身の利用とみなされることを認め、 また、会員自身の不注意、もしくは、悪意の使用によるいかなる損害にも、工学研究社は一切の責任を負いません。
●第4条(登録データの使用目的と守秘義務)
1.工学研究社受講生ルームの登録時の入力データは、当該受講生の通信講座の成績情報、 質問回答などの情報を特定するために使用し、ルーム内に表示します。 当社のメールマガジンを通じての教育情報の提供や講座の改善・企画のためのアンケートの回答のお願いをします。 また、講座の改善・企画のためのヒアリングの依頼などに使用することがあります。
2.アンケートの回答は任意とし、統計的に数値処理し、個人の情報は決して外部に漏らしません。
3.講座の改善・企画のためのヒアリング依頼にあたっては、 事前のメールもしくは電話などの連絡によりその趣旨・方法などの説明を本人に周知し、 許諾のもと実施いたします。
4.工学研究社は、 当該受講生情報を弊社が公表しているプライバシーポリシーにそって厳正に維持・管理しなくてはなりません。
●第5条(情報の私的利用以外の禁止)
1.会員は、当社が承認した場合を除き、 工学研究社受講生ルームを通じて入手したいかなる情報も複製、販売、出版、 公開その他いかなる方法においても会員の個人としての私的利用以外の利用をすることはできず、 また、他の会員または第三者をして同様の行為をさせてはなりません。
2.会員は、営利の目的で工学研究社受講生ルームを利用してはなりません。
●第6条(掲載内容の権利の帰属)
当社が受講生ルームを通じて提供するサービス上で、会員が作成した内容につき知的所有権が発生する場合、 当該権利(著作権法27条および28条の権利を含む)はすべて工学研究社に帰属するものとします。
●第7条(登録の個人情報の削除)
会員は期間中、本人から登録情報の削除の申し出でがあった際は、所定の手続きにより本人確認の上削除いたします。 なお、削除の場合は、通信講座の実施・運営ならびに本人のポイントなど継続できませんので、あらかじめご了承ください。
この件の問合せ先は、次の通り。
(株)工学研究社 教育情報管理室 電話03-5362-5161
※電話での取扱時間 月曜〜金曜 9:30〜17:30 (土、日、祝祭日を除く)
●第8条(工学研究社受講生ルームの内容の変更および停止)
当社は、会員への事前の通知なくして、工学研究社受講生ルームの諸条件・運用規則、内容を変更することがあり、 会員はこれを承諾します。この変更には、内容の部分的な改廃などを含みますが、これらに限定されません。 また、当社は最低2週間の予告期間をもって、工学研究社受講生ルームを停止または中止することができます。 この変更、停止、中止などについては、当社が提供する手段を通じ、 告知するものとし、この手続きを経ることで当社は会員または第三者からの損害賠償の請求を免れるものとします。
●第9条(企業からの教育情報の変更要請)
企業を通じての通信教育講座の受講の場合、当該企業の教育担当者により、 その管轄下の受講生の学習条件・教育情報等の変更を求められた場合、工学研究社はその要請に従うことがあります。
●第10条(サービスの一時的な中断)
当社は、次に該当する場合には、会員に事前に連絡することなく一時的に工学研究社受講生ルームを中断する場合があります。 これに起因する会員または他の第三者が蒙った損害について一切の責任を負わないものとします。
(1)緊急なシステムの停止、修理、変更を行う場合
(2)火災、停電などにより工学研究社受講生ルームの提供ができなくなった場合
(3)地震、噴火、洪水、津波などの天災により工学研究社受講生ルームの提供ができなくなった場合
(4)戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議などにより工学研究社受講生ルームの提供ができなくなった場合
(5)その他、運用上、技術上、当社が工学研究社受講生ルームの一時的な中断を必要と判断した場合
●第11条(損害賠償)
工学研究社は、受講生ルームの利用により発生した会員の損害すべてに対し、 いかなる責任も負わないものとし、当該損害の賠償をする義務もないものとします。 会員が本規約に違反した行為、または不正もしくは違法な行為によって当社に損害を与えた場合、 当社は当該会員に対して損害賠償の請求をすることができるものとします。
2012年12月20日改訂