書籍情報

書籍

To-Beエンジニア試験公式テキスト「電気電子T」

好評発売中!

価格 2,700円

エンジニア試験公式テキスト「電気電子T」
「電気回路の基礎」「電子回路の基礎」「半導体デバイス」

1章 「電気回路の基礎」
電気電子系エンジニアが実際に設計を行う際には、これまで社内で使われてきた回路図面を部分的に修正、追加して最終的な図面を作成することがほとんどです。
しかししっかりとした基礎知識を持っていないと、実装の段階でうまく動作しないことがよくあります。
本章では基本に立ち返り、直流回路、交流回路、ノイズ、電気安全の4 分野を効率よく学習していただけます。

2章 「電子回路の基礎」
電子部品にはそれぞれ細かな特性や、実際に使ってみないとわからない点があるため、単純な論理構成だけでは電子回路設計がうまくいかないことがよくあります。
ダイオード、フィルタ、オペアンプ、トランジスタはそれぞれが独立した分野のように見えますが、基本的な信号の取り扱いには共通するところがあります。
本章ではこの4 分野を効率よく学んでいきます。

3章 「半導体デバイス」
電気電子回路システムを構築する上で、半導体そのものの性質と、さまざまな半導体製品に関する技術知識は欠かせません。
特に、新しいデバイスを理解して他社に先駆けて活用する際などに、最初から半導体の学習をし直していたのでは間に合いません。
ここで半導体デバイスの実務的知識を確実に自分のものとし、その上で業務の回路設計やシステム設計を着実にこなしていって下さい。

書籍内容

もくじ

はじめに

第 1 章 電気回路の基礎

 1.1 直流回路
 1.2 交流回路
 1.3 ノイズ
 1.4 電気安全

第 2 章 電子回路の基礎

 2.1 ダイオード回路
 2.2 フィルタ回路
 2.3 オペアンプ回路
 2.4 トランジスタ回路

第 3 章 半導体デバイス

 3.1 半導体物性
 3.2 半導体デバイス
 3.3 半導体集積回路製造プロセス
 3.4 ディジタルIC


≪ To-Beエンジニア試験 公式テキストへ戻る

△ページTOPへ戻る