書籍情報

書籍

To-Beエンジニア試験公式テキスト「情報T」

好評発売中!

価格 2,700円

エンジニア試験公式テキスト「情報T」
「情報の基礎」「プロセッサ」「プログラミング」

1章 「情報の基礎」
組込みシステムは、マイコンを中心としてハードウェアとソフトウェアが協調して機能を実現する、高度で複雑なディジタルシステムです。
その実現のために組込み技術者には広範囲の知識が必要となりますが、特に「情報」に関する基礎知識は、すべてのディジタル処理の基本であり、確実に理解して使いこなす必要があります。
本章では、ディジタルシステムで扱う情報の基礎をしっかり学習していきます。関連する用語などの知識も身につけていって下さい。

2章 「プロセッサ」
情報処理ではソフトウェアが重要な役割を果たしますが、通常、その中心であるプロセッサ(CPU)の存在を意識することはありません。
しかし、特に組込みシステムの開発では、プロセッサのしくみを理解し、使いこなすことが重要です。
プロセッサに関する知識は、本来の性能を発揮させたり、さまざまな問題を解決するために必ず役立ちます。
本章では、ディジタルシステムを実現するプロセッサのしくみを学習していきます。関連する用語などの知識も身につけていって下さい。

3章 「プログラミング」
ソフトウェア開発の中心はプログラム作成ですが、最近のプログラムは高度で複雑なため、その完成度の影響はシステム全体に及びます。
プログラムは目に見えないため、その開発には注意が必要です。
プログラミングに関する知識は、システムの開発管理や信頼性の確保に役立ちます。
本章ではプログラミングや言語に関する要点を学習していきます。関連する用語などの知識も身につけていって下さい。

書籍内容

もくじ

はじめに

第 1 章 情報の基礎

 1.1 情報表現
 1.2 論理演算
 1.3 数値演算
 1.4 符号の応用

第 2 章 プロセッサ

 2.1 コンピュータの原理
 2.2 高速化技術
 2.3 周辺回路
 2.4 周辺装置

第 3 章 プログラミング

 3.1 データ構造とアルゴリズム
 3.2 プログラミング
 3.3 主なプログラミング言語
 3.4 その他の言語


≪ To-Beエンジニア試験 公式テキストへ戻る

△ページTOPへ戻る