書籍情報

書籍

To-Beエンジニア試験公式テキスト「機械T」

好評発売中!

価格 2,700円

エンジニア試験公式テキスト「機械T」
「機械工学基礎」「材料」「設計・製図」

1章 「機械工学基礎」
機械設計エンジニアが実際の設計を行うときには、それまで先輩が積み重ねてきたデータを一部変更して図面に落とし込むことが多くあります。 しかしまったく新しい材料を使う場合や、これまでに経験のない構造の場合には、基礎的な材料や力学の知識がないとゼロから学習を始めなければなりません。 本章では、材料力学、流体力学、熱力学、機械力学の4分野を効率よく学習していきます。

2章 「材料」
機械設備に使われている材料は以前に比べて極めて多岐に渡っており、過去の加工条件や強度計算では推定できない場合もあります。 本章では金属材料と熱処理、さらに機械的な強度特性を学習し、あわせてプラスチック材料についても学びます。 設計現場ではおろそかになりがちの機械材料に関する基礎知識をしっかりと身に付けましょう。

3章 「設計・製図」
機械設計エンジニアにとって、機械製図の基礎知識は必修テーマです。 しかし実務では加工できない部品図や、必要以上の加工精度を要求した図面が出てくると現場は困ってしまいます。 本章は単なる製図の知識ではなく、加工やコストといった実務的な観点を意識して、製図の基礎から信頼性設計までを一貫して学習する構成になっています。

書籍内容

もくじ

はじめに

第 1 章 機械工学

 1.1 材料力学
 1.2 流体力学
 1.3 熱力学
 1.4 機械力学

第 2 章 材 料

 2.1 金属材料@
 2.2 金属材料A
 2.3 プラスチック材料
 2.4 複合材料・セラミック材料

第 3 章 設計・製図

 3.1 機械製図の基礎
 3.2 機械要素の製図
 3.3 機械設計の基礎
 3.4 信頼性設計


≪ To-Beエンジニア試験 公式テキストへ戻る

△ページTOPへ戻る