HOMETo-Beエンジニア試験 > 詳細 - To-Beエンジニア試験アドバンスト

To-Beエンジニア試験

To-Beエンジニア試験アドバンストとは

入社後の新人教育を経た新人から若手・中堅とされる技術者層を対象とした「To-Beエンジニア試験」の上級レベルです。特に新人技術者から若手技術者へと脱皮する入社3年前  後の時期は企業の中核を担う一人前の技術者となるための幅広い基盤をつくるべき大変重要な時期です。獲得すべき技術知識・能力を明らかにしたうえで技術者各個人の強み弱みを把握することが戦略的な技術人材育成の第1歩です。
  また、技術力の客観視が難しくなる中堅層以上の技術者に対する気づきや刺激を与えるうえでもアドバンストレベルは 最適です。

試験対象者 入社3年以上の若手技術者
特徴
  • 企業の中核を担う人材となるべく基礎力を幅広く問う試験です。
  • 専門技術系と共通技術系の2種類の教育マップで構成されています。
  • テクニカルスキルだけでなく、技術者として必要な共通知識や、社会人基礎力などの測定もできます。

「To-Beエンジニア試験アドバンスト」技術教育マップ

専門技術系 【3分野】
共通技術系 【20テーマ】

「アドバンスト」技術教育マップ - 共通技術系 【20テーマ】

 

出題方法

 

次へ >>

資料請求はこちら

△ページTOPへ戻る