工学研究社設立50周年記念

理系人材育成シンポジウム

in 東京 (7/4開催)

技術者向けに特化した様々な教育コンテンツ・教育コンサルティングサービスにより理系人材の育成を長きにわたり手がけてきた㈱工学研究社は本年で設立50周年を迎えます。これを記念して、これまで実際に産学の教育現場で展開されている事例・知見を共有し、これからの理系人材育成を皆様でともに考え議論し、将来の日本を支える理系人材の育成とはどうあるべきかを考える一助とすべくシンポジウムを開催いたします。
開催日 2019年7月4日(木)
時間

13:00~19:00

会場

コングレスクエア日本橋

参加費 無料

セミナー内容

プログラム

■ 12:30~
受付開始・開場

■13:00 ~ 13:10 主催者挨拶

株式会社工学研究社 代表取締役社長 河鰭 直株式会社工学研究社 代表取締役社長 河鰭 直

■13:10 ~ 14:10 基調講演 「今後の理系人材教育と思考体力」

東京大学 先端科学技術研究センター 教授 西成活裕 氏東京大学 先端科学技術研究センター 教授 西成活裕 氏

講演概要

ここ数年、AIやIoTといったキーワードが様々な分野で聞かれるようになり、これを応用した新しいものづくりも提案されてきている。ただしこうして技術が高度になればなるほどブラックボックス化が進み、逆に安全性が損なわれしまうこともあり得る。

ここで重要になるのが、全体を見渡せる大局力、そして正しく疑う力などの「思考体力」である。

講演では自ら提案してきた渋滞学を例として、今後の理系人材教育で重要な思考体力の様々な鍛え方について考えていきたい。

略歴

1967年東京都生まれ。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、工学博士。
山形大、龍谷大、ドイツのケルン大学理論物理学研究所を経て現職。専門は数理物理学。
著書「渋滞学」は講談社科学出版賞などを受賞。2010年内閣府イノベーション国際共同研究座長、文部科学省「科学技術への顕著な貢献 2013」に選出。
日本テレビ「世界一受けたい授業」に多数回出演など、テレビ、ラジオ、新聞などのメディアでも活躍。

■14:15 ~ 16:00 教育事例発表

徳山工業高等専門学校 機械電気工学科 准教授 三浦靖一郎 氏徳山工業高等専門学校 機械電気工学科 准教授 三浦靖一郎 氏

コニカミノルタ㈱ 人事部 人財育成グループ マネジャー 宮澤一宏 氏コニカミノルタ㈱ 人事部 人財育成グループ マネジャー 宮澤一宏 氏

日本電産㈱ 人事部 課長 有働 弘 氏日本電産㈱ 人事部 課長 有働 弘 氏

(元) 東芝LSIパッケージソリューション㈱ 技術部 部長 蛭田陽一 氏(元) 東芝LSIパッケージソリューション㈱ 技術部 部長 蛭田陽一 氏

三菱マテリアルテクノ㈱ プラントメンテナンス事業本部 技術部 副部長 澄川典生 氏三菱マテリアルテクノ㈱ プラントメンテナンス事業本部 技術部 副部長 澄川典生 氏

クラシエホールディングス㈱ 経営企画室 購買統括部 課長 佐藤雅俊 氏クラシエホールディングス㈱ 経営企画室 購買統括部 課長 佐藤雅俊 氏

■16:00 ~ 17:30 パネルディスカッション

職業能力開発総合大学校 名誉教授 塩田泰仁 氏コーディネーター:職業能力開発総合大学校 名誉教授 塩田泰仁 氏

略歴

1948年岐阜県生まれ。1976年東京大学大学院博士課程修了(工学博士)、同年より職業能力開発総合大学校にて教鞭をとり2013年定年退職、現在同校名誉教授。専門は制御工学、福祉工学。
ニューテクノロジー振興財団、ISO9001判定委員、技能五輪全国大会技術委員長、介護労働安定センター評議員長など歴任。著書「はじめてのメカトロニクス」(森北出版)、「サーボ制御の基礎」(日刊工業新聞社)

■17:30 ~ 19:00 懇親会

どなた様もご参加頂けます。
講師へのご挨拶・ご質問の他、参加者同士での名刺交換など人脈作りにご活用ください。

※プログラム内容は予告なく変更になる場合がございます。

お申込み

セミナーの開催は終了しました