DXビジネス変革の明るい展望
-あらゆる業種・職種で生成AIを活用する時代へ-
2024年6月12日(水)
  • 14:00~14:45(開場13:45~)

セミナー概要

DXは難しく無味乾燥といったイメージがありますが、やってみると案外と「人間くさい」ところがあり、結構「面白い」取り組みです。あまり堅苦しく考えずにまず楽しく取り組むといった姿勢が大切です。わいわいがやがやと、周りをどんどん巻き込んで、いわば「祭り」のように皆で一致団結して知恵の汗をかきまくりながら会社の課題を解決していく!そんな明るい展望について語ります。

開催日
2024年6月12日(水)
時間
  • 14:00~14:45(開場13:45~)
対象者

・DXに関心のない方
・デジタルといった言葉が嫌いな方
・仕事は汗をかいてなんぼだと考えている方

開催方法 Zoom (ウェビナー)
参加費 無料

セミナー内容

14:00~14:30 竹井俊文氏 講演「DXビジネス変革の明るい展望 -あらゆる業種・職種で生成AIを活用する時代へ-」

1.
DXが登場する背景とは?
不確定性の時代、デジタル民主化の波に乗って、誰でも活用できるAI、生成AIが登場した!
2.
そもそもDXって何?
今までアナログではどうしても解決できなかったことが、デジタルで解決できるようになる=変革!
3.
DXでビジネス変革するの?
新たな製品, サービスから、新たな業務プロセス, 企業文化まで、DXでビジネスを変革する!
4.
分かりにくいDXを定義しよう
汗の匂いがする現場の課題解決、商売の匂いがする新ビジネス創生、これが真のDXです!
5.
DXとAIの親密な関係
深刻な人手不足をDXで解消させたい。 そのために、ビッグデータをAIに食わせて働かせる!
6.
業種別DX活用事例
業種毎にあらゆる工夫をしてほしい! 「認識AI」を活用した業種別DXの事例
7.
職種別DX活用事例
あらゆる業種で参考にしてほしい! 「生成AI」を活用した職種別DXの事例
8.
結局DXを推進するのは誰?
ベンダやSIerに丸投げするのではなく、企業自らデジタル活用してビジネス変革を推進しよう!
9.
DXで切り開く明るい未来
生成AIはじめ、誰でも使えるようになったデジタルを活用して、不確定性の時代を生き残ろう!


14:30~14:45 質疑応答

到達目標

DXに取り組まないとこれからの時代を生き残れないことが腹落ちできます。

講師プロフィール

竹井俊文

徳島大学工学部、同大学院にてニューラルネットワークを研究。工学修士。

徳島大学非常勤講師、国士舘大学非常勤講師、著述家。国会高専人会副会長。モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC) 上席顧問。一般社団法人グローバル・ベンチャー協会(GVA) 理事兼DX研究部会長。DXビジネス変革コミュニティ共同代表。

解説者としてNHK総合テレビ「四国らしんばん」へのゲスト出演、情報処理学会や電子通信学会、工業会、商工会議所、大学等での講演、電波新聞や日刊工業新聞の連載や書籍等の執筆など多方面に活動中。

「数式・Pythonなしでわかるディープラーニング入門講座」「ゼロから学ぶDX入門講座」「ゼロから学ぶAI入門講座」「ゼロから学ぶ生成AI入門講座」など著作多数(いずれも(株)コガク制作)

申込期限:2024年6月12日(水) 13:00まで